新潟本社:〒948-0101 新潟県十日町市稲葉294番地
埼玉営業所:〒367-0115 埼玉県児玉郡美里町猪俣1930-9

受付時間
8:00~17:20

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

【新潟本社】

025-752-5020

【埼玉営業所】

0495-76-4400

今月の草木花

【秋の七草】
万葉の歌人、山上憶良が詠んだ二首の歌から秋を代表する草花として親しまれるようになったとされています
『秋の野に 咲きたる花を 指折りかき数ふれば 七種の花』
『萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝貌の花』

【萩】はぎ                   秋を代表する花の一つです            紅紫色の小さな花の咲き乱れる様が小豆の粒に似ていることから秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の由来になったとされています

【尾花】すすき                 尾花とはススキの別名です            ススキの穂が動物の尾に似ていることが名前の由来といわれています                 ススキは「茅(カヤ)」ともいい、これで葺いた屋根が「茅葺屋根」です 

 

 

 

【葛】くず                   根から採取したでんぷんがくず粉で、くず粉で作る葛湯、葛餅、葛切りなど親しみある植物です     漢方薬の葛根は根を乾燥させたもので、風邪や胃腸不良などの際に用いられます

【撫子】なでしこ                子を失った親が、その子の愛した花を形見として撫でたことに由来し、別名「片身花」といいます    日本女性の清楚さを表現した「大和撫子」の撫子は、この花のことです

【女郎花】おみなえし              花の美しさが美女を圧倒するためと言う説があるほど優雅で美しい花として昔から人々に愛されてきた花です

【藤袴】ふじばかま               花の色が淡紫色で、弁の形が筒状で袴に似ていることからこの名前がつけられました          乾燥させると桜餅のような良い香りがします    お湯に入れたり、洗髪や香水に用いられます

 

【桔梗】ききょう                歌では「朝貌あさがお」と詠まれていますが、実際は桔梗の花といわれています 花の形の良さから多くの武将の家紋として用いられました 中でも明智光秀の水色桔梗の家紋は有名です            根を乾燥させて咳や喉の薬として用いられています

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

【新潟本社】

025-752-5020

【埼玉営業所】

0495-76-4400

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

令和2年度 営業カレンダー

お役立ち情報のご案内

おすすめコンテンツ
お役立ち情報をご提供しています。ぜひご一読ください。