新潟本社:〒948-0101 新潟県十日町市稲葉294番地
埼玉営業所:〒367-0115 埼玉県児玉郡美里町猪俣1930-9

受付時間
8:00~17:20

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

【新潟本社】

025-752-5020

【埼玉営業所】

0495-76-4400

今月の草木花

【冬の七草】
冬の七草は、春の七草や秋の七草のような古事に基づくものは見られませんが、明治37年の元日の
「時事新報」に伊藤篤太郎氏の考説として選定したものが掲載されました。           
この時の冬の七草を今回は取り上げてみます。                       

【款冬の薹】フキノトウ 

 古くはフブキ(布々岐)などと呼ばれフブキが

 つまって蕗になったといわれます。

 食用のほか民間薬にも利用されます。  

 

 

【福寿草】フクジュソウ

 新年を祝うめでたい花として付けられた名前が

 福寿草。ほかに元日草、賀正蘭の別名もあり、

 江戸時代から盛んに栽培されてきた山草です。  

【節分草】セツブンソウ

 関東以西に分布し、花期は2~3月。旧暦の節分

 のころに咲くので節分草といわれます。

 可愛らしい山草として好まれているせいか、秩

 父の周辺でも保護されているところ以外ではほ

 とんど見かけられなくなっています。

【雪割草】ユキワリソウ

 ユキワリソウと呼ばれるいるほとんどがスハマ

 ソウかミスミソウです。早春に花を開くことと

 個体変化に富んでいるため、江戸時代から盛ん

 に栽培されてきた山草です。

 

【寒葵】カンアオイ

 常緑性で冬も枯れずに花が開くので、寒葵の名前

 がつけられました。斑入りのものもあるところか

 ら古典園芸植物として栽培されています。

【寒菊】カンギク

 寒菊にはいろいろありますが、とりわけ黄色の

 ものが多くあります。9月頃枝を挿して根を付け

 させ鉢に移すと、12月頃から花をつけ始めます。

 花の少なくなってきた頃に咲くためとりわけ重宝

 されてきました。

【水仙】スイセン

 日本の野生の水仙は、春のさきがけというには

 早すぎる、凍える頃に咲いています。

 中国、ヨーロッパから入ってきたスイセンなど

 多種な花を咲かせ春を彩ってくれます。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

【新潟本社】

025-752-5020

【埼玉営業所】

0495-76-4400

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

令和2年度 営業カレンダー

お役立ち情報のご案内

おすすめコンテンツ
お役立ち情報をご提供しています。ぜひご一読ください。